教育上とても大切な絵本の読み聞かせ

教育上とても大切な絵本の読み聞かせ

私には2歳の娘がいますが、彼女は絵本が大好きです。

それは生まれる前から今に至るまで、絵本をずっと読み聞かせてきたからではないかと思っています。

茨木の結婚相談所を知りたい方必見の情報を集めました。

絵本と子どもを結び付けるのは親の役目です。


子どもに豊かな読書生活をプレゼントできるようにしていくのが親の責務ではないでしょうか。

山形で婚活について紹介している良質なサイトの情報はこちらです。

読み聞かせは、子どもの読書生活を形作る基礎となるだけでなく、他にも有益なことがたくさんあります。

絵本の読み聞かせの効果について紹介していきます。

読み聞かせは幼児期に行われることが多いのですが、この時期というのは、自己肯定感や安心感が根付き、自我が芽生えてきたり、集団生活を通して社会性を身につけたりする時期です。

宮城で婚活の正しい情報はこちらです。

この時期の読み聞かせが大切だといわれるには次のような理由があります。

三国の結婚相談所情報は見逃せません。

まず、母親など近しい人の声で絵本を読んでもらうことで、子どもが安心感や自己肯定感を得、スキンシップをとることで、親子の絆がより強いものになります。

我が家では寝る前に30分ほど絵本を読み聞かせています。
娘は日中は保育園に行っているのですが、寝る前に30分だけでも、物語の内容について話したり、絵を見ながら登場人物の気持ちを考えたり、とても有意義にスキンシップをとれていると思います。また、登場人物の気持ちを考えることはとても重要なことです。

三重の結婚相談所情報はこちらに集まります。

『ももたろう』の読み聞かせをしたとき、娘は「ももたろうさんはオニを叩いたよ。

叩いたらアカンよ」といいました。
大人はそんなことは思いません。

http://www.sankei-digital.co.jp/advertising/pdf/hottopics/201603.pdf

こんな小さな子どもでもいろいろなことを考えながら物語を聞いているのだと実感しました。

まだ文字を完全に読めない子どもにとっては、読み聞かせは情緒を発達させる有効な手段であるといえます。


絵本には社会通念上の教訓のようなものが含まれていることも多々あります。
簡単に言うと、寝る前には歯を磨こう、とか、起きたら顔を洗おう、のような社会常識のようなものです。
いくら親が口うるさく言っても聞かないことも、絵本を通して学んでくれることもあります。
あらためて考えてみると、絵本の読み聞かせの効果はなかなか侮れません。

愛する我が子のぬくもりを感じながら、成長を見守るつもりで沢山の物語に触れさせてあげたいものです。


人生で初めて引っ越しをしたのは20数年前県外での就職を機会に一人暮らしをしたのが初めてでした。

その時は、引越しに関して親がすべて手配してくれたのでいつの間にか転居地へ着き荷物も運びこまれていたので引越しの疲れや金額もわかりませんでしたが、そのあと数回の引越しをして現在は実家で生活をしています。

自分で初めて引越しを計画し、業者を選び引越しをしたのは3回目の引越しの時でした。

http://www.asahi.com/and_M/information/pressrelease/CPRT201638746.html

今ではテレビのCMなどでたくさんの業者があり、たくさんのコースがあって自分の状況に合わせて選ぶことができるようですが、その昔はそういうことはありませんでした。


まだ若かったということもあり、知名度で選びましたがまだその時代は引越しによる家具の破損などは普通にありました。
かくいう私の場合もローチェストの上板が剥がれたものでした。

今では苦情の一つでも言いに行くところなのかもしれませんが、その当時はなかば仕方がないものとしていました。

引越しといえば荷物の片づけが一番頭を悩ませるものでした。


一人暮らしなので荷物も限られているはずなのに、段ボールに詰めても詰めても終わらない作業に数日かかってしまいました。
そして、なぜこんなものがあるのかというもののナンバーワンは買い物のビニール袋と、包装紙、紙袋の類いです。

いつか使うはずだからと取っておいたものなのに使う機会もなく数年たち、結局捨てる運命にありました。
一回目で気づきもうやめようと反省したはずなのに次の時も同じことの繰り返しです。この不用品がごみ袋数個分出てきて狭い部屋を占領していたのです。

勿体無い性分は反省しても反省しても結局学習能力としてついておらずに繰り返してしまいます。
一人暮らしの部屋は多分こういうゴミが半分以上を占めていると思いますが、それは荷物の整理をしないと出てこないし片付かない厄介な代物です。

普通、新しい環境に変われるというウキウキ感で荷物をまとめていくのですが、こういうゴミにより疲れが倍増させられるのだと思います。

http://life.news.biglobe.ne.jp/nail/catalog/detail-PG000629143/

今まで数回、後悔しているいることですが、今後の引越し疲労を減らすためにも今流行りの断捨離を心掛けていきたいです。

    関連リンク

    • 引越しをスムーズに予算を安く上げるため

      急に夫が転勤になったり、子供が東京の大学へ入学することになったり、引越しの理由は色々とあります。また賃貸暮らしだった人が購入したマンションや一戸建てに引っ越す場合もあるでしょう。...

      detail
    • 引越しの見積もりの比較サイト

      私の父親は、生まれた場所から16歳の時に都会に引越しをしてから、今まで引越しをした回数が30回近くになると言っていました。自分の身に変化がある度に引越しをしたそうです。...

      detail